上まぶたが逆さまつげの場合、
二重整形の保険は適用されますか?

まず、『二重になりたいから』という美容目的の二重整形には保険は適用されません。 しかしながら、逆さまつげ(睫毛内反)やまぶたを開く力が弱く黒目が隠れてしまう状態(眼瞼下垂)のように、日常生活に支障を来す機能障害を改善する目的での手術は保険適用になる場合があり、その手術を受けた結果二重まぶたになることはあります。

つまり、保険適用の二重整形というものは存在しませんが、二重にすることとは別の目的で行い、その結果として二重になる保険適用の手術は存在するということです。

保険での治療を希望される場合、ご自身の逆さまつげの状態が保険適用となるかは医師の判断になりますので、一度逆さまつげの治療が可能な施設の受診が望ましいと考えます。
ただし、保険適用での治療の注意点は、通常二重のデザインを希望することはできないということです。そのため、希望の二重がある場合やデザイン修正を希望する可能性がある場合には、美容外科での治療をご検討していただければ幸いです。

このQAを監修したドクター

前之園 健太

TCB『技術認定医』。二重整形をはじめ目元整形を得意としています。
手術におけるリスクとベネフィットをしっかりと説明をすることはもちろん、患者様が理想の自分に近づけるよう丁寧な診察と施術を心がけております。
日本美容外科学会(JSAS)会員、整形外科専門医

関連したご質問

  • Web予約をする
  • お電話・クリニック一覧
  • LINE相談・予約

受付・診療時間 10:00~19:00(不定休)
※一部クリニックは異なります。
LINE相談・Web予約24時間受付中