逆さまつげや眼瞼下垂などの治療の場合、二重整形や眉下切開といった美容整形は保険適用になりますか?

2021/11/02 公開

2022/04/12 更新

美容整形は自由診療のため、保険適用にはなりません。

まず、『二重になりたいから』『まぶたのたるみを解消したいから』といった美容目的の二重整形や眉下切開などには保険は適用されません。
しかしながら、逆さまつげ(睫毛内反)やまぶたを開く力が弱く黒目が隠れてしまう状態(眼瞼下垂)のように、日常生活に支障をきたす機能障害を改善する目的での手術は保険適用になる場合があります。その手術を受けた結果、二重まぶたになったり、まぶたのたるみが解消されるといったことはあります。

つまり、保険適用の二重整形・眉下切開というものは存在しませんが、「二重にする」や「まぶたのたるみを解消する」とは別の目的で行い、その結果として二重・まぶたのたるみ解消になる保険適用の手術は存在するということです。

保険での治療を希望される場合、ご自身の目元の状態が保険適用となるかは医師の判断になりますので、一度治療が可能な施設の受診が望ましいと考えます。
ただし、保険適用での治療の注意点は、二重のデザインを希望するといった美容目的の要望が基本的にできないということです。
そのため、希望の二重がある場合やデザイン修正を希望する場合には、美容外科での治療をご検討していただければ幸いです。

この質問に関連するTCBの施術

このQAを監修したドクター

前之園 健太

梅田茶屋町院 院長

前之園 健太

TCB『指導医』。二重整形をはじめ目元整形を得意としています。
手術におけるリスクとベネフィットをしっかりと説明をすることはもちろん、患者様が理想の自分に近づけるよう丁寧な診察と施術を心がけております。
日本美容外科学会(JSAS)会員、整形外科専門医

経歴
佐賀大学医学部 卒業
公益社団法人鹿児島共済会 南風病院 整形外科
公益社団法人昭和会 今給黎総合病院 整形外科
東京中央美容外科 梅田茶屋町院 院長

関連したご質問

  • Web予約をする
  • お電話・クリニック一覧
  • LINE相談・予約

電話予約受付時間:10:00~23:00
診療時間:
10:00~19:00(不定休)
※一部クリニックは異なります。
LINE相談・Web予約24時間受付中

公式SNS
Twitter
Youtube
LINE