片目だけ奥二重で左右非対称な目を改善することは可能ですか?

多くは二重整形術で改善させることが可能

もともとまぶたは完全に左右対称ということはなく、それゆえ二重の大きさも微妙に異なります。片目だけ奥二重ということも稀ではなく、極端な場合には片目は完全に一重のこともあります。

多くは小さい側に対して、埋没法による二重術を行うことで改善が可能です。

多くは大きい方の二重に合わせますが、逆に小さい側に合わせて両目を奥二重に固定することも場合によっては可能です。

奥二重の小さい側の目だけでなく、両目を治療した方が良い場合もある

二重の左右差が存在する場合、もともと二重になりにくい素質を持っていることも少なくありません。それゆえ片目だけ埋没法で治療した場合、今度は二重まぶたのくっきり具合の左右差が目立ってしまう場合もあります。

この場合には、両目ともに二重整形を行った方が良い場合があります。

もちろん片目だけ先に治療して、様子をみてもう片方治療するかを決めても良いでしょう。

蒙古襞が原因の場合は目頭切開を行うこともある

日本人をはじめ東洋人は、目頭にまぶたの襞がある方が多いです(蒙古襞)。蒙古襞は二重の大きさや二重のなりにくさに強く影響します。

片方の目は蒙古襞が目立ち、もう片方の目にはないといった蒙古襞の左右差によって二重の左右差が目立っている場合があるのです。

この場合、単純に二重整形を行うのみでは改善出来ないこともあり、片側に目頭切開を加えた上で二重整形を行った方が良い場合があります。

蒙古襞があるから絶対に目頭切開が必要というわけでないため、これも先に二重整形のみで様子をみて後から目頭切開を行うか検討することも可能です。

左右非対称の二重の原因が「眼瞼下垂」のこともある

稀なケースですが、どちらかの目を開く筋肉(上眼瞼挙筋)の問題によって二重の大きさに左右差があることがあります。これを眼瞼下垂と言います。

この場合には、単純な二重整形術のみで改善できません。上眼瞼挙筋への処置を加える必要があります。

眼瞼下垂の治療もまた切開法、埋没法とが存在します。

目の開きが極端に悪い場合、保険適応で治療を行うこともできますが、この場合は切開法一択で、かつ美容目的ではないため理想の二重ラインでないことや、左右差の完全な修正を期待出来ないこともあります。

このQAを監修したドクター

安本 匠

TCBの「特別指導医」として活躍。
患者様の理想に近づけるための治療プランを複数提案し、術式や予算、リスクについてご納得いただいた上でお選びいただけるよう、丁寧な説明を心がけています。
日本外科学会認定専門医

関連したご質問

  • Web予約をする
  • お電話・クリニック一覧
  • LINE相談・予約

受付・診療時間 10:00~19:00(不定休)
※一部クリニックは異なります。
LINE相談・Web予約24時間受付中