夜用アイプチのおすすめを教えて下さい。
夜用アイプチを使ったら本当に寝るだけで二重になれますか?

夜用アイプチの使用は一時的な二重の癖づけには有効ですが、長期的な癖づけにはならないばかりか、むしろ皮膚のかぶれやまぶたのたるみの原因となり、結果的にきれいな二重にならなくなります。
また、寝るだけで二重になれるかどうか?の回答については、まず一重と二重の構造の違いを説明する必要があります。

まぶたの構造

一重まぶたと二重まぶたの違いが出るのは、上眼瞼挙筋(じょうがんけんきょきん)、挙筋腱膜(きょきんけんまく)、そして瞼板(けんばん)の3つの構造が関係しています。

二重まぶたの場合、上眼瞼挙筋が枝分かれしており、そのうちの一つが皮膚につながっているため、瞼板を引き上げる際に皮膚が折りたたまれることで二重になります。
一方、一重まぶたの場合、挙筋腱膜が皮膚につながっていないため、皮膚が折りたたまれず一重のままというわけです。

二重の条件である、挙筋腱膜の癒着はまぶたの外からアイプチをしても、永久的に二重を形成できません。そのため、回答としては"寝るだけで二重になれるか?"の質問には、"不可能です"と言わざるを得ません。
ただし、一時的であれば多少の効果は期待できそうです。
そこで、「一時的でも良いから二重にしたい!」という方に向けて、おすすめしたい夜用アイプチを3つほど、ご紹介いたします。
安価で一時的に二重になりたい方は、ぜひ一度お試しください。

寝るだけで二重になれると噂の夜用アイプチをご紹介

アイプチといっても、種類は様々で大きく分けて以下の3つのパターンが存在しています。

  1. ①液体タイプのアイプチ
  2. ②まぶたにテープを貼るアイプチ
  3. ③ファイバーテープと呼ばれる細い糸をまぶたに食い込ませるアイプチ

今回は、①と②の夜用アイプチを3つご紹介いたします。

夜用アイプチは以下のポイントを重視して検証

  • 二重になったときの見栄え・仕上がり
  • 二重持続期間
  • 使用感
  • 耐久性・耐水性

【液体タイプ】ナイトアイボーテ

ナイトアイボーテ

"一晩で目が大きくなる"と品切れ続出の寝るアイプチが、ナイトアイボーデです。高い接着力を誇り、寝ている間も外れにくくしっかり二重のクセがつくため、朝までくっきり二重をキープすることができます。また美容・美肌成分を贅沢配合されているので、目をむくみにくくし長時間使用でも目元の負担が軽く肌荒れしにくいのも特徴です。

出典:ストリートレンド

【液体タイプ】シェモア メジカライナー ナイト&ハード

メジカライナー ナイト&ハード

塗るタイプの夜用アイプチです。奥二重をくっきり二重にしたい場合に向いています。専用スティックで理想の二重ラインをキープします。植物エキスが配合されているため、お肌に優しいのが特徴です。また粘着力が強いにも関わらず、水ですぐ落とせます。

出典:シェモア

【テープタイプ】コジット『K-lab+ 韓国美容式アイテープ 夜用』

K-lab+ 韓国美容式アイテープ 夜用

アイガイド付きなので、うまく二重ラインを作れない初心者向け。寝る前にガイドラインに沿ってまぶたにテープを貼るだけで、二重ラインを夜中ずっとキープします。美容大国韓国で屈指の整形外科医、キム院長とのコラボレーション商品なので安心して使用することができます。ナチュラル・ドーリー・ゴージャスの3タイプから選べるので、自分に合った二重を簡単に作ることができます。

出典:コジット

寝るときだけアイプチをしてもキープ力に限界がある

夜用のアイプチは、確かに一時的に二重のクセ付けを行うことが可能です。ずっと二重ではなく、一時的に二重になりたい方にとっては、アイプチが最適でしょう。ただし、ずっと二重でいたい方にとっては、必ずしもそうではありません。まず、まぶたにテープを貼る行為やまぶたに液体を塗る行為を繰り返すと、まぶたに負担をかけてしまうため、まぶたの皮膚が伸びたり、まぶたの開きが悪くなったり、まぶたが腫れぼったくなるなど目元の老化を早めてしまいます。他にもテープや液体が原因で、肌荒れ・痒み・炎症を引き起こします。
まぶたトラブルが起きたままアイプチを繰り返していると最悪の場合、眼瞼下垂になる可能性もありますので注意が必要です。

アイプチを使い続けると、まぶたの開きが悪くなり眼瞼下垂になる恐れも!

「二重に興味はあるけれど、お金をなるべくかけたくない」という方はアイプチではなく、お小遣いやアルバイト代程度で簡単に二重が手に入る"TCB二重術"がおすすめです。さらに最大20%割引の学割や、最大0円(※条件により)のモニター制度など、お金をほぼ使わずに二重になれる選択肢をご用意しております。
少しでも気になる方は、ぜひお気軽にご相談ください。患者様の理想の二重像や予算に合わせたプランを親切丁寧にご提案させていただきます。

このQAを監修したドクター

山崎 智徳

皮膚科、形成外科の臨床を経験したのち美容外科医になり20年のキャリアをもつ。丁寧な説明と患者様に合った施術プランを提供しています。

関連したご質問

  • Web予約をする
  • お電話・クリニック一覧
  • LINE相談・予約

受付・診療時間 10:00~19:00(不定休)
※一部クリニックは異なります。
LINE相談・Web予約24時間受付中