二重幅に左右差があるのはなぜですか?

二重は、皮膚が折りたたまれることでできます。皮膚が折りたたまれるかどうかは、皮膚まで穿通糸(せんつうし)が伸びているかどうかで決まります。
皮膚から伸びた穿通糸が、まぶたを開ける筋肉が収縮する際に、まぶたを折りたたむことで二重ができます。穿通糸の有無はもちろん、穿通糸の伸び方や範囲によって二重幅や、食い込み具合が変わってきます。

同じ人間の体なので右も左も同じように思いますが、実際はかなりの部分で左右非対称です。穿通糸に限らず、骨格や脂肪の付き方、皮膚の厚みなど微妙に左右差が生じます。その積み重ねによって、右と左の二重の幅が違う、果ては、右目は二重で左目は一重ということが生じます。
二重幅に左右差があること自体は特に問題ではなく、左右対称な方がまれと言えます。

このQAを監修したドクター

能登谷 翔

患者様の笑顔のために、患者様の想いに寄り添った美容医療を目指してカウンセリング、施術を行っています。
ヒアルロン酸やスレッドリフトなどを組み合わせた
低侵襲のトータルアンチエイジングを得意としています。

関連したご質問

  • Web予約をする
  • お電話・クリニック一覧
  • LINE相談・予約

受付・診療時間 10:00~19:00(不定休)
※一部クリニックは異なります。
LINE相談・Web予約24時間受付中