片目だけまぶたが腫れぼったく、左右差が気になります。何かの病気でしょうか?

一般論として、人間誰しも大なり小なりの左右差があるのが普通であり、完全な左右対称ではありません。
もし片方のまぶたのみ赤みや痛みがある場合は、何らかの感染が疑われるため治療が必要となります。

そうでない場合、左右差の原因として、二重幅や目周りの脂肪量の違いといったものが挙げられます。そういった左右差は美容外科的治療の良い適応となりえます。
二重幅の左右差に対しては埋没法をはじめとした二重術が、目周りの脂肪量の違いに対してはまぶたの脂肪取りなどがそれぞれ適応となります。

患者様の左右差が上記のいずれに該当するのか、まずはお目元の状態を見て判断させていただきますので、お気軽にカウンセリングにお越しいただければと存じます。

このQAを監修したドクター

伊藤 優

患者様目線での分かりやすい説明と、話しやすさを重視したカウンセリングを心がけています。
また、施術後患者様が笑顔でお帰りいただけるよう、デザインや仕上がりに徹底的にこだわっております。

関連したご質問

  • Web予約をする
  • お電話・クリニック一覧
  • LINE相談・予約

受付・診療時間 10:00~19:00(不定休)
※一部クリニックは異なります。
LINE相談・Web予約24時間受付中