眼瞼下垂に効果的なツボがあるって本当ですか?
おすすめのマッサージ方法を教えてください。

東洋医学の考え方では眼瞼下垂は腎臓が弱ることによりまぶたの開閉がしにくくなる、ということでその機序に対してのツボがあるようです。
手の甲にある「合谷」と、後頭部にある「上天柱」「上風池」「上完骨」です。

合谷は、親指と人さし指の間です。何ヵ所か押して、重く響くところや硬い場所が見つかった場合は、反対の手の人さし指・中指・薬指の3本を用いて刺激します。

上天柱・上風池・上完骨は、後頭部に横一列で並んでいます。生え際のくぼんだ部分に、人さし指・中指・薬指の3本の指を当て、そこから1~2cm上の辺りです。
その辺りを押しながら、痛かったりコリコリしたりする場所があれば、そこが治療点です。
治療点が分からなくとも、刺激し続ければ、効果が得られます。1分ほどで良いようです。

西洋医学的にも確かに腎臓が悪いと上まぶたの浮腫が生じます。ですのでこの場合には上記のツボは効果がありそうです。

ただ、他にも眼瞼下垂の原因はあり、まぶたを挙げる筋肉が弱っている場合などは効果を感じるのは難しいかもしれません。
筋肉が弱る要因に、ハードコンタクトレンズの長期装用、皮膚がたるむことによる眼瞼下垂の要因にはアイプチ、眼をこする習慣、老化などもあります。筋肉や皮膚が原因の場合は挙筋短縮術や余剰皮膚の切除が効果的です。

このQAを監修したドクター

垣花 瑠美子

福岡天神院 医師

垣花 瑠美子

TCB技術認定医
患者様の理想に近づきご満足して頂きたいので、デザインにお時間をしっかりとるよう心掛けています。
ご納得頂けるプランを安心してお選び頂けるよう丁寧に説明いたします。
日本麻酔科学会認定専門医

関連したご質問

  • Web予約をする
  • お電話・クリニック一覧
  • LINE相談・予約

受付・診療時間 10:00~19:00(不定休)
※一部クリニックは異なります。
LINE相談・Web予約24時間受付中