花粉症ボトックス治療

花粉症ボトックス治療で、薬に頼らない花粉症対策を 花粉症ボトックス治療で、薬に頼らない花粉症対策を

アレルギー性鼻炎の原因として最も多いのが花粉です。現在では、成人の約90%が花粉症患者といわれています。
TCBでは、薬に頼らない最先端花粉症治療(花粉症ボトックス治療)を導入しました。
花粉症ボトックス治療とは、鼻腔内にボトックス(成分:ボツリヌス・トキシン)を浸透させることで、鼻水・鼻づまり・目のかゆみを緩和させる、今話題の花粉症治療です。
花粉症ボトックス治療を施すことで、花粉症の諸症状を抑えるだけでなく、鼻炎薬などを服用したときに起こる眠気・倦怠感などの副作用からも解放されます。
花粉症ボトックス治療は、1シーズンに2回前後が目安です。
もちろん他の花粉症治療との併用も可能です。
注射ではないため痛みはありません。効果は早くて、施術直後から実感できます。

次こそ花粉症から解放され、いつもと変わらない快適な日常生活を過ごしてみませんか?

こんな方にオススメ

  • 花粉症が酷い方
  • 眠気や倦怠感をなくしたい方
  • 薬が手放せない方
  • 痛い治療には抵抗がある方
  • 仕事や勉強に集中できず困っている方

2つの施術方法

鼻腔内滴下法

鼻腔内滴下法です。ボトックスを鼻腔内に滴下します。注射ではありませんので、痛みはありません。

注射器を使用してボトックスを鼻腔にポトポトと滴下し、鼻粘膜に浸透させます。
※粘膜に注射を刺すことはしません。
施術時間は約10分で、そのあとさらに10分ほど安静にしていただきます。
最も簡易な方法です。
1シーズンに、2~3回が目安です。

ガーゼパッキング法

花粉症対策にボトックスを鼻腔内に滴下します。注射ではありませんので、痛みはありません。

高濃度のボトックスで浸したガーゼを、鼻の穴に10分間つめて浸透させる方法です。ボトックスの濃度が滴下法よりも高いため、持続期間・効果が高いとされています。
1シーズンに、1~2回が目安です。

ボトックスが花粉症に効果がある理由

ボトックスには、神経伝達物質(アセチルコリン)をブロックする働きがあります。そのためシワの解消や顔痩せなど、様々な美容効果をもたらします。ボトックスは美容以外でも、鼻粘膜の副交換神経の興奮を抑える働きもあります。
花粉症ボトックス治療ではこの効果を利用して、鼻粘膜にボトックスを浸透させます。早ければ施術直後から、鼻水・鼻づまり・目のかゆみが抑えられたことを実感できます。

アラガン

花粉症ボトックス治療のアラガンは、日本で唯一!厚生労働省の認可を取得した、米国アラガン社のボトックスビスタ®です。
世界No,1のシェアをもち、全世界1千万人以上の人が治療を受けています。
TCBでは、徹底的に温度管理をした(5℃以下の環境)ボトックスを使用します。高品質のボトックスなため、通常使用するボトックスに比べて、さらに持続期間が長くなります。

花粉症ボトックス治療のアラガンを選択すると、日本で唯一厚生労働省の認可を取得した、安全性の高いアラガン社のボトックスビスタ®を使用します

ボトックス注入量目安

鼻腔内滴下法
4単位(U)
ガーゼパッキング法
4単位(U)

経過とダウンタイムについて

効果の持続期間は施術方法によって異なりますが、2週間~1.5ヶ月ほどです。大事な予定(発表会、試験、面接など)の前に施術されるのがおすすめです。

痛みやダウンタイムなしで鼻水・鼻づまり・目のかゆみなどの花粉症の症状を軽減させることができます(注射にて行う鼻腔内注入法は表面麻酔の使用をおすすめします)。

また、他の花粉症治療との併用も可能です。

副作用と注意点

鼻粘膜局所に作用するだけですので、副作用はほぼありません。
当日より洗顔、メイク、入浴、運動は可能です。当日アルコールは念のためお控えください。
なお、ボトックスが喉に流れても、喉の粘膜や味覚への影響はないとされています。

よくある質問

ボトックスを使用した花粉症治療とは、どんなことをするのか教えてください。
花粉症ボトックス治療の方法は2種類あります。
1つ目は、”鼻腔内滴下法“と呼ばれる方法で、鼻の中にボトックスを片側約0.5ccほど滴下し、粘膜に浸透させます。
2つ目は、”ガーゼパッキング法”と呼ばれる方法で、鼻の穴に10分間高濃度のボトックスで浸したガーゼをつめます。こちらの治療法ですと、ボトックスの濃度が高いため、持続期間が滴下法に比べ約2倍以上治療効果が長いのが特徴です。
花粉症ボトックス治療を始めるタイミングは、いつがいいですか?
花粉症ボトックス治療は、花粉症の症状が出てしまった状態からでも、効果がありますので、いつでも大丈夫です。大事な予定(発表会、試験、面接など)がある前に、施術する方も多くいらっしゃいます。花粉症が酷い状態でも、治療直後からすぐに花粉症の症状が軽減されます。
※効果の実感には個人差があります。
花粉症ボトックス治療はどのくらい効果が持続しますか?
”鼻腔内滴下法“の場合は、約2週間~1.5ヶ月持続します。”ガーゼパッキング法”は、高濃度のボトックスを使用しますので、約1ヶ月~4ヶ月持続します。花粉症のシーズンが3~4ヶ月ですので、個人差によりますが1シーズンで2回ほど訪れる患者様が多いです。
花粉で目のかゆみも酷いのですが、 目のかゆみも解消されますか?
花粉症ボトックス治療は、鼻水・鼻づまりだけでなく、目のかゆみにも劇的に効果をもたらします。目のかゆみが酷い方でも、保護メガネをかけなくてよくなるようになります。
花粉症ボトックス治療は、どのような効果で花粉症が緩和されるのですか?
花粉症ボトックス治療で使用するボトックスは、神経伝達物質(アセチルコリン)をブロックする働きがあります。ボトックスは、鼻粘膜の副交換神経の興奮を抑える働きがあるため、ボトックスを鼻粘膜に浸透させることで鼻水・鼻づまり・目のかゆみを抑制することができます。
粘膜に浸透しなかったボトックスが、喉から流れて飲み込んでしまっても大丈夫でしょうか?
ボトックス自体安全性が認められており、花粉症ボトックス治療最中に、余分なボトックスが喉から流れて飲み込んでしまっても、問題ありません。
また嗅覚への影響もないと言われていますので、ご安心ください。
どのくらいの年齢層の方が、花粉症ボトックス治療を行っていますか?
一番多い年齢層は、20代~40代の方です。花粉症ボトックス治療は、年齢問わず何歳でも治療できますので、花粉症が辛くて薬が手放せない方はぜひ治療していただくことをおすすめします。
花粉症ボトックス治療に、副作用はありますか?
花粉症ボトックス治療の特徴の一つに、副作用の少なさがあります。通常の花粉症対策である、鼻炎薬ですと眠気・だるさといった副作用がありますが、ボトックスはそれがありません。
仕事や学業に影響を与えないため、眠気やだるさの症状が出ると困る方に、大変人気のある花粉症治療法です。
料金表にある“アラガン”とは何ですか?
アラガンとは、世界で95%以上(1千万人以上)の方に愛されている、米国アラガン社製品のボトックスのことです。ボトックスビスタ®と呼ばれ、米国FDAの認可を取得しただけでなく、日本でも厚生労働省の認可を取得した、安全性が確立されている唯一のボトックスです。
この記事の監修医師
町田院 院長 | 山崎 智徳 先生

花粉症ボトックス治療の料金表

ポイント会員5%OFF、ロイヤル会員10%OFF
学割 二重術35%OFF ニキビ治療5%OFF 医療脱毛 コース内容により優待あり
シニア割 60歳以上の患者様 全施術5%OFF

※ 他の割引サービスとの併用はできません。
※ 一部割引対象外となるメニューがあります。詳しくはお問い合わせください。
※ 料金表示はすべて税込み価格表示となっております。

カテゴリー 施術名/価格(税込)
花粉症ボトックス治療
アラガン 鼻腔内滴下法 ¥8,690(税込)
厚生労働省承認
アラガン ガーゼパッキング法 両側 ¥13,800(税込)
厚生労働省承認

ポイント会員5%OFF、ロイヤル会員10%OFF
学割 二重術35%OFF ニキビ治療5%OFF 医療脱毛 コース内容により優待あり
シニア割 60歳以上の患者様 全施術5%OFF

※ 他の割引サービスとの併用はできません。
※ 一部割引対象外となるメニューがあります。詳しくはお問い合わせください。
※ 料金表示はすべて税込み価格表示となっております。

匿名、顔出し選択可、事前審査ナシのDr.別モニター募集中! 匿名、顔出し選択可、事前審査ナシのDr.別モニター募集中!

TCBグループは全国37院、各地域・駅前、駅チカで完全個室

各地域・駅前、駅チカで完全個室イメージ画像 東京中央美容外科は【新宿三丁目】【新宿東口】【池袋東口】【池袋西口】【銀座二丁目】【銀座有楽町】【渋谷西口】【渋谷東口】【中野】【世田谷】【高田馬場】【町田】【上野】【立川】【横浜】【大宮】【宇都宮】【水戸】【川口】【新横浜】【千葉】【仙台】【福島】【郡山】【浜松】【名古屋栄】【名古屋駅前】【梅田大阪駅前】【梅田茶屋町】【心斎橋】【心斎橋御堂筋】【京都】【枚方】【江坂】【堺】【神戸】【福岡】【小倉】の各地域で展開しており、仕事帰りでもご相談いただけるように、各最寄り駅の駅前・駅チカで開院しております。

多様なジャンルの専門医が在籍し高いレベルの施術を提供

専門医が在籍画像 TCBでは高い技術を持つ経験豊富なドクターが在籍し、患者様の願いと理想の実現に全力を尽くしております。
所属ドクター達は美容外科医や医療の第一線で腕を磨いた心臓血管外科医など高い技量を持ったドクターで常に高いレベルの施術を提供いたします。

医学博士が在籍

>医学博士が在籍画像 当院では医学研究能力を持つ医学博士が在籍しております。高度最先端医療、新薬開発に携わることで医療の進歩・向上に貢献しています。

こちらの施術内容は当院の医師より監修されております。

医師監修イメージ画像 こちらの施術内容ページは医学的・専門的な内容の為、当院の医師が監修しております。 東京中央美容外科の総括院長は、日本美容外科学会認定の専門医です。 この資格には一定の厳しい基準が設けられており、豊富な実績と経験の証とされています。