肩こりボトックス注射

「肩こりがひどくていつも肩が重い」「肩こりでマッサージにいつも通っている」
そんな方におすすめの治療です。

肩こりの筋肉(僧帽筋そうぼうきん)に数か所注射して、1週間くらいで肩の緊張がほぐれ、重い感じが解消します。
1度注射すると効果は数か月持続しますが、肩こりが再発するようであれば再度注射することで改善します。

肩こりボトックス注射とは

つらい肩こりと頭痛・・・

肩こりとは、長時間のデスクワーク、ストレスや運動不足などが引き金となり、首から肩にかけて筋肉の緊張状態が続き重だるさや痛みが慢性的に続くことをいい、ときに頭痛の原因にもなります(筋緊張性頭痛)。

痛み止めなどの薬物療法やマッサージなどの治療をされている方が多いのですが、ほとんど効果が持続せずお困りの方も多いのが現状です。

肩こり・緊張性頭痛にボトックス注射が有効

ボトックスとは

ボトックスとは、厚労省承認の米国アラガン社の製剤で、正式にはボツリヌス・トキシンといいます。

ボツリヌス菌が産生する毒素(ボツリヌス・トキシン)で、神経から筋肉に伝わる情報をブロックして筋肉の緊張を弱める作用があります。
※ボツリヌス菌そのものを注射するわけではないので感染の心配はありません。

健康医療の分野では多汗症、眼瞼けいれん(目の上がぴくぴく動く)などの治療に、美容医療ではアンチエイジングに使用されています。

主に僧帽筋そうぼうきんに注射することで肩こりが改善

肩こりは首の付け根から背中にかけて広がる僧帽筋群の過緊張によって引き起こされます。
この部位にボトックスを注射し、筋肉の過緊張を緩和させます。

肩こりの筋肉、ボトックスの注射部位

なお、即効性はなく1週間程度経過してから緊張がゆるんで肩が軽くなった感覚を実感し始めます。

肩こりボトックス注射は保険適応されますか?

保険適応されません。
自費診療扱いとなります。

肩への注射方法

圧痛点、硬く張っている部分を触診し注入部位を決めます。
片側5~10カ所程度に注射します。

肩こりボトックス注射部位

所要時間は、片側5分程度です。

注射の痛みについて

針を刺すときのチクリとする感じがありますが、針はお顔に使用する極細のものですのでそこまで強くはありません。

筋肉内に注射しますので薬剤が入っているときは押されるような感覚があります。

肩こりの強いほとんどの方は、注射による痛みの方が全然、楽とおっしゃっています。
痛みが怖い、心配な方には各種麻酔をご用意しておりますのでお申し付けください。

当院の麻酔について

使用するボトックス製剤の種類

TCBでは2種類のボツリヌストキシンをご用意しております。
1つは厚労省に認可されているアラガン社製「ボトックス®」と、もう1つは安価な韓国製の「ボツラックス®」です。
どちらも成分はボツリヌス菌毒素です。TCBの肩こりボトックス注射ではボトックスビスタの使用を推奨しています。

ボトックスの種類について

ボトックス注入量目安

片側
16単位(U)
強力片側
32単位(U)

経過とダウンタイム

即効性はなく、注射後数日~1週間程度経過してから効果を実感できます。
効果の持続は数か月から長くて半年です。

注射痕 ほぼわかりません
腫れ なし
注射後の痛み なし
入浴 当日から可
飲酒 翌日から

副作用と注意事項

まれに内出血を起こすことがあります。
内出血が起こった場合でも2週間以内には完全に消失します。

個人差がありますので、効果があまり感じられない場合もございますが、目安として肩の筋肉に張りがあり硬く触れるのであれば一定の効果は望めます。

妊娠中のボトックス治療は不可

ボトックスは、妊婦および胎児に対する安全性が確立されていません。 妊娠中の方、または妊娠している可能性のある方はボトックス治療を受けることができませんので、該当する方は必ず医師に申告してください。
授乳婦の方についても同様です。
ボトックス治療後は女性で2ヶ月、男性で3ヶ月間の避妊が必要です。

肩こりボトックス注射の料金

TCB東京中央美容外科では患者様にご満足いただける施術を多数ご用意しております。
施術ごとの詳しい価格については料金表をご覧ください。

料金表を見る

本ページの監修医師

ボトックス注射は、切開せずに小顔になれたり、バニーラインと呼ばれる眉間のシワを改善できたりと、人気の高い治療です。
ボトックス注射の特徴は治療効果の高さにあります。
治療の効果が高い分、効きすぎによる問題が起こる可能性もありますが、量や部位を調整すれば、表情の引きつれや目つきが悪くなるなどの副作用を防ぐことができます。
当院では患者様一人ひとりに合った治療をするために、お悩みや不安な点、ご要望をカウンセリング時にしっかりと伺いますので、ぜひ一度ご来院ください。

東京中央美容外科【TCB梅田大阪駅前院】
院長 寺西 宏王

寺西 宏王 医師

詳しいプロフィールを見る

経歴

2004年
兵庫医科大学 卒業
2004年
兵庫医科大学病院
2006年
京都医療センター 外科
2007年
京都大学医学部付属病院 心臓血管外科
2007年
静岡県立総合病院 心臓血管外科
2012年
小倉記念病院 心臓血管外科
2016年
小倉記念病院 心臓血管外科 副部長
2019年
東京中央美容外科 京都院 院長
2020年
東京中央美容外科 梅田大阪駅前院 院長

備考

ボトックスビスタ® 認定医
ジュビダームビスタ® 認定医
ジュビダームビスタ® バイクロス 認定医
日本外科学会 専門医
日本心臓血管外科学会 専門医
日本胸部外科学会 正会員
日本血管外科学会 正会員
日本冠動脈外科学会 正会員

さまざまな学会の専門医・会員が在籍

TCB東京中央美容外科は、日本美容外科学会(JSAS)正会員、日本形成外科学会(JSAPS)専門医・正会員、日本形成外科手術手技学会会員、日本外科学会会員・専門医、日本整形外科学会会員・専門医、日本皮膚科学会会員、日本抗加齢医学会正会員、日本アンチエイジング外科学会会員、乳房再建エキスパンダーインプラント責任医師、日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会正会員、日本静脈学会会員、日本脈管学会専門医、下肢静脈瘤血管内焼灼術指導医、日本創傷外科学会会員・専門医、日本熱傷学会会員・専門医、日本創傷治癒学会会員、皮膚腫瘍外科分野指導医・領域指導医、日本Acute Care Surgery学会会員、日本整容脳神経外科学会会員、日本頭蓋額顔面外科学会正会員、日本口蓋裂学会正会員、日本ペインクリニック学会正会員、日本マイクロサージャリー学会会員、日本麻酔科学会正会員、麻酔科認定医、麻酔科標榜医、臨床研修指導医、日本臨床外科学会会員、医学博士、などの資格を持つ医師が在籍しています。

医師紹介はこちら

医療広告ガイドラインについて

TCB東京中央美容外科では、医師監修のもと「医療広告ガイドライン」に従い、以下の2点についてホームページの見直し・改善を適宜行っております。

  1. ①体験談の削除
  2. ②症例写真を掲載する際、施術内容・施術のリスク・施術の価格などの記載

患者様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

TV・CM放映情報

TCB東京中央美容外科がTVやCMで放映された
情報についてご紹介します。

2022/9/7 テレビ

石川テレビ2022/9/7放送「みるこっちゃ」に金沢院院長の伊藤先生が出演しました。

2022/9/7 テレビ

テレビ静岡2022/9/7放送「ウレセン」に静岡院院長の吉井先生が出演しました。

2022/9/3 テレビ

北海道文化放送2022/9/3放送「いっとこ!」に札幌院院長の篠永先生が出演しました。

公式SNS
Twitter
Youtube
LINE