クマ取りの術後、へこみが気になる場合はすぐに再治療可能ですか?

2022/03/24 公開

2022/03/31 更新

再治療可能ではありますが、いったんは経過観察をおすすめします。

目の下のクマ取り後にできてしまった”へこみ”は、術後すぐの場合まだ患部が不安定なため、再治療はできません。こちらでは再治療のタイミングと対処法、へこみができてしまう原因、へこみをできるだけ回避する方法をご紹介します。

目の下のクマ取り術後にできるへこみの原因

目の下のクマ取り術後に、へこみがかえって目立つ場合があります。
その原因は大きく分けて、以下の3つがあげられます。

  • ①脂肪の取りすぎ
  • ②皮膚のたるみ・しわ・薄さ
  • ③眼窩が広く、眼窩脂肪が緩い

クマ取り後にへこみを発生させないために

目の下のクマ取り術後、へこみを発生させないためには、以下2点を意識しましょう。

  • ①脱脂のみのクマ取り施術だけでなく、へこみを補填するヒアルロン酸・ベビーコラーゲン・脂肪注入などの施術も併用する。
  • ②脱脂の対象となる脂肪は、大きく分けて目頭側・中央・目尻側に分類され、それぞれの部位からどのくらいの脂肪を除去するのか、医師の経験とスキルが必要なため、熟練した医師に担当してもらう。

クマ取り後のへこみが出たときの対処法

目の下のクマの原因は皮膚の色というより、組織の少なさが関係しています。そのため、へこみの部分にヒアルロン酸注射、ベビーコラーゲン、脂肪注入のいずれかを行うことでへこんだ部分がボリュームアップし、違和感のない自然な仕上がりが実現します。
患者様の体質やドクターの方針により、どの治療になるかは実際に見てみる必要があります。気になる方は、お気軽にカウンセリングにてご相談ください。

再治療のタイミング

目の下のクマ取り術の後は、腫れやむくみがあるため目元の印象が変化し、正確な判断は難しくなります。もし、目の下のクマ取り後のへこみが気になるようでしたら、最低1ヶ月、理想は3ヶ月ほど様子を見てください。術後1~3ヶ月経っても、へこみが気になるようでしたら診察・再治療をおすすめします。

この質問に関連するTCBの施術

このQAを監修したドクター

橋本 祥平

新宿東口院 院長

橋本 祥平

TCB上級指導医。
二重、小顔整形に定評があり、多くの指名、リピーターがいる。
患者様に明るく自信溢れる人生を歩んでいただくことをモットーとし、日々診療に取り組んでいる。

経歴
慶應義塾大学法学部 卒業
東京医科大学医学部 卒業
横浜旭中央総合病院
品川美容外科 銀座院 主任医師
東京中央美容外科 上野院 院長
東京中央美容外科 銀座有楽町院 院長
東京中央美容外科 名古屋駅前院 院長
東京中央美容外科 名古屋栄院 院長
東京中央美容外科 新宿東口院 院長
備考
日本美容外科学会(JSAS) 会員
VST(Very Sophisticated Treatment) 認定医
ジュビダームビスタ 認定医
ジュビダームビスタ ボリューマ 認定医
ジュビダームビスタ ボリフト 認定医

関連したご質問

  • Web予約をする
  • お電話・クリニック一覧
  • LINE相談・予約

電話予約受付時間:9:00~23:00
診療時間:
10:00~19:00(不定休)
※一部クリニックは異なります。
LINE相談・Web予約24時間受付中

公式SNS
Twitter
Youtube
LINE