唇のヒアルロン酸注射(アヒル口・厚くする)

唇にヒアルロン酸を注入することで、厚くぼってりとした女性らしい印象の唇にすることが可能です。

また、唇のボリュームを変えるだけでなく、口角がきゅっとあがったアヒル口を形成するなどなりたい唇の形に仕上げられます。

唇のヒアルロン酸注射とは

唇には上唇うわくちびる下唇したくちびるとがありますが、そのどちらにもヒアルロン酸を注入することが可能です。

唇は解剖学的に、赤い部分の「赤唇せきしん」と唇の周囲の縁に相当する「白唇はくしん」とに分かれます。

唇の解剖「赤唇と白唇」

唇を厚くする場合には「赤唇」に注入し、アヒル口を形成する上では「白唇」への注入がメインとなります。

これらの注入法を組み合わせることで様々なご要望の形に対応できます。

セクシーな唇を演出する

口紅のCMでは厚くぼてっとした唇のモデルさんが採用されています。最も女性らしいセクシーな演出のためです。

また、唇も年齢とともに痩せて薄くなっていきます。厚くすることはセクシーなだけでなく若々しい印象を与えることが出来るのです。

アヒル口をつくる

口角がキュッと上がっている「アヒル口」は女性の「可愛らしさ」や「セクシーさ」を表す特徴のひとつとされています。

いつも微笑んでいるような印象になり写真写りが変わります。

アヒル口整形のときのヒアルロン酸注入部位

主に白唇の左右口角部分を中心に白唇全体に縁取るように注入します。このとき単純に口角をあげるだけでは理想のアヒル口にはなりません。口角より中心に向かうにつれ一度下向きに下げることでより理想のアヒル口に近づきます。
TCBではこのオリジナルデザインによって多くの方から好評をいただいております。

M字を作りかわいらしい唇に

M字のリップにする際のヒアルロン酸注入箇所

M字型は唇の理想の形ともいわれています。若々しい立体的な唇に仕上がります。

こんな方にオススメ

  • 唇を厚くしたい方
  • アヒル口にしたい方
  • M字など唇の形にこだわりたい方
  • Eラインを整えたい方

症例写真

Case1

  • BEFORE唇のヒアルロン酸注射の症例写真01
  • AFTER唇のヒアルロン酸注射の症例写真02
医院名
池袋院
担当医
井上医院長

Case2

  • BEFORE唇のヒアルロン酸注射の症例写真03
  • AFTER唇のヒアルロン酸注射の症例写真04
医院名
郡山院
担当医
樅山医院長

Case3

  • BEFORE唇のヒアルロン酸注射の症例写真05
  • AFTER唇のヒアルロン酸注射の症例写真06
医院名
横浜院
担当医
大西医院長

唇のヒアルロン酸注射
(アヒル口・厚くする)
症例写真はこちら

施術法と注入量

唇を厚くする場合、上唇・下唇それぞれにつき4-5回針を刺して注入していきます。注入量はおよそ片側0.5-1.0ccとなります。

アヒル口の整形のみであれば針は左右それぞれ各2-3回ずつ穿刺しての注入になります。注入量は左右各0.5cc前後となります。
所要時間はいずれも片側5-10分程度です。

注入時の痛みについて

唇への注入は、敏感な部分だけに痛い箇所の1つです。
ただし、粘膜なので表面麻酔がよく効きますので、痛みに強い方でも表面麻酔の使用はあった方が楽でしょう。

実際には針を刺すときにチクッとした痛みと、注入中は唇をつねられたような感覚があります。表面麻酔以外にも各種麻酔をご用意しておりますのでご安心ください。

当院の麻酔について

マイクロカニューレによる注入で針を刺す回数が激減

針を何回も指すのが怖い方は、マイクロカニューレを使用した注入法がオススメです。マイクロカニューレとは、先端が丸く横から薬液が出るように作られた柔らかい特殊なカニューレ(管)のことです。

通常の針ではしわにあわせて何度も針を刺して注入していかなければなりませんが、マイクロカニューレであればこれを挿入する1か所だけ針をさして処置をすることが可能で、皮下に沿わせて1回で注入することができます。

特に唇を厚くする場合には、上唇だけでも左右全体に均等に注入するのに長い距離があり、複数回針を刺すことになります。
マイクロカニューレを使用される方が、穿刺回数が減ります。

  • 通常の針・複数の穴から注入
  • マイクロカニューレ・一つの穴から多方向へ注入

ヒアルロン酸注入時に使われるマイクロカニューレ

また先端が丸いことによって血管や神経などを傷つけてしまうことがなく、内出血のリスクが激減出来ます。

マイクロカニューレ画像

ヒアルロン酸とは

ヒアルロン酸は体内にもともとある物質で、肌の水分を保つ役割があります。透明なジェル状の物質で、唇の中に注入することでふくらんでぼってりとした唇に仕上がります。

また保湿成分もあるため、ぷるっとしたみずみずしい印象になります。

注射されたヒアルロン酸は分解吸収されてしまうため時間とともになくなってしまいます。持続効果はヒアルロン酸製剤の種類によって数か月~2年程度です。
ヒアルロン酸を溶かすことも可能です。

ヒアルロン酸の種類と選び方について

経過とダウンタイム

傷跡は注射の針穴だけで、直後にメイク可能です。シャワー、入浴・運動も問題ありません。アルコールはむくみがでやすくなるので、腫れがひくまでは控えていただくのが良いでしょう(少なくとも施術当日は控えていただくのが賢明です)。

注射直後はたらこ唇のようにやや腫れていますが、ヒアルロン酸注射には水分(種類によっては麻酔液も含有)が多く含まれており次第に吸収され腫れも2-3日でひきますので自然な仕上がりになります。

最初の数日は馴染むまで触ったり、舌で唇を触ると硬く触れることがありますが数週間で馴染んで気にならなくなります。

基本的にヒアルロン酸自体は数か月~2年程度で分解・吸収されてしまいます(ヒアルロン酸の種類によって異なります)。

唇の内出血

ごく稀に針を刺した場所に一致して内出血が発生することがありますが、メイクで隠せる程度で、2週間程度の経過で完全に消失します。

唇の腫れ

特に唇を厚くするために赤唇に注射した場合は腫れます。腫れても自身では違和感があるかもしれませんが、周囲の方はあまり気づかない程度です。
2-3日でおちついて自然になります。

左右差について

仕上がりの時点で左右差はないようにしますが、吸収の度合いによって時間経過で左右差が目立ってくることがあります。

注射がそれでも怖い方へ!塗るヒアルロン酸「ラシャスリップ」

塗布10分後には、80%の方が1.6mm以上も唇がふっくらしたことを体感し、効果は最長4時間持続するリップ美容液です。

保湿効果は最長24時間保たれ、使い続けることで極度に乾燥し荒れた唇も改善させます。

ラシャスリップの詳細はこちら

この記事の監修医師
池袋院 院長 | 井上 真梨子 先生

唇のヒアルロン酸注射(アヒル口・厚くする)のお悩み相談一覧

お悩みの種類

お顔の悩み

術後の悩み

ヒアルロン酸で上唇をぷっくりさせたいと思っています。 そこで質問なのですが、施術は痛いですか?施術後、術後周りの人に気付かれるくらい腫れますか? どれくらい持ちますか?
ヒアルロン酸注入は針での注入ですが、施術時間はわずか数分なのでお身体への負担は少なく、麻酔等を使って注入時の痛みを軽減することもできます。 施術直後は若干のむくみはありますが、腫れを気にされる方はほとんどいらっしゃいません。通常は時間の経過とともに、むくみも解消されます。 選択されるヒアルロン酸によって数ヶ月から数年持続し、ゆっくりと吸収されていきます。その後も持続させたいという場合は、定期的なヒアルロン酸注入が必要となります。

唇のヒアルロン酸注射(アヒル口・厚くする)の料金表

ポイント会員5%OFF、ロイヤル会員10%OFF
学割 二重術35%OFF ニキビ治療5%OFF 医療脱毛 コース内容により優待あり
シニア割 60歳以上の患者様 全施術5%OFF

※ 他の割引サービスとの併用はできません。
※ 一部割引対象外となるメニューがあります。詳しくはお問い合わせください。

カテゴリー 施術名/価格(税込)
唇のヒアルロン酸注射(アヒル口・厚くする)
ダイヤモンドフィール リップ(上・下) ¥21,800(税込)
ジュビダームビスタ ボルベラXC 1cc ¥69,800(税込)
厚生労働省承認
2cc ¥124,000(税込)、3cc ¥171,000(税込)、4cc以上1ccあたり¥57,000(税込)

ポイント会員5%OFF、ロイヤル会員10%OFF
学割 二重術35%OFF ニキビ治療5%OFF 医療脱毛 コース内容により優待あり
シニア割 60歳以上の患者様 全施術5%OFF

※ 他の割引サービスとの併用はできません。
※ 一部割引対象外となるメニューがあります。詳しくはお問い合わせください。

匿名、顔出し選択可、事前審査ナシのDr.別モニター募集中! 匿名、顔出し選択可、事前審査ナシのDr.別モニター募集中!

TCBグループは全国29院、各地域・駅前、駅チカで完全個室

各地域・駅前、駅チカで完全個室イメージ画像 東京中央美容外科は【新宿】【池袋】【銀座】【渋谷】【中野】【世田谷】【上野】【高田馬場】【新宿東口】【横浜】【大宮】【宇都宮】【水戸】【川口】【新横浜】【仙台】【福島】【郡山】【浜松】【名古屋栄】【心斎橋】【京都】【枚方】【江坂】【堺】【梅田】【梅田茶屋町】【福岡】【小倉】の各地域で展開しており、仕事帰りでもご相談いただけるように、各最寄り駅の駅前・駅チカで開院しております。

多様なジャンルの専門医が在籍し高いレベルの施術を提供

専門医が在籍画像 TCBでは高い技術を持つ経験豊富なドクターが在籍し、患者様の願いと理想の実現に全力を尽くしております。
所属ドクター達は美容外科医や医療の第一線で腕を磨いた心臓血管外科医など高い技量を持ったドクターで常に高いレベルの施術を提供いたします。

医学博士が在籍

>医学博士が在籍画像 当院では医学研究能力を持つ医学博士が在籍しております。高度最先端医療、新薬開発に携わることで医療の進歩・向上に貢献しています。

こちらの施術内容は当院の医師より監修されております。

医師監修イメージ画像 こちらの施術内容ページは医学的・専門的な内容の為、当院の医師が監修しております。 東京中央美容外科の総括院長は、日本美容外科学会認定の専門医です。 この資格には一定の厳しい基準が設けられており、豊富な実績と経験の証とされています。