VFDI脂肪溶解注射

VFDI脂肪溶解注射

VFDI脂肪溶解注射

※当院でのVFDI脂肪溶解注射は、原液を使用した価格となっております。薄めて使用することはございませんので、ご安心ください。

VFDI脂肪溶解注射とは?

VFDI

VFDI脂肪溶解注射とは、注射だけで脂肪細胞を減らし、顔やお腹、二の腕などの部分痩せを可能にしたメソセラピーです。主成分が植物由来となるため、腫れや痛みがほとんどなく、体への負担が少ないのが特徴です。破壊され溶解した脂肪細胞は、体内の老廃物と一緒に排出され、一度排出された脂肪細胞は再生することはありません。VFDI脂肪溶解注射は、リバウンドの起こりづらい、安全で優秀なダイエット注射です。

VFDI脂肪溶解注射 VFDI脂肪溶解注射

VFDI脂肪溶解注射がおすすめな方

  • 切開を伴う手術や脂肪吸引などに抵抗がある
  • 顔の脂肪を落としてフェイスラインを引き締めたい
  • 二の腕痩せを叶えて腕を引き締めたい
  • リバウンドしたくない
  • 早く効果を実感したい

一般的なダイエットと脂肪溶解注射(メソセラピー)の違い

脂肪細胞溶解によるダイエット

脂肪細胞溶解によるダイエット

体重の増加や見た目の変化の原因は、脂肪細胞という脂肪のかたまりが肥大化することによって起こります。脂肪細胞は、生後から思春期くらいまでに数が決まり、成人になると変動は少ないとされています。
一般に行われるダイエットは、運動や食事制限により、脂肪細胞に蓄えられたエネルギーを消費することで脂肪細胞が小さくなり、体重の減少や見た目に違いが現れます。しかし、脂肪細胞自体がなくなったわけではないため、ダイエットを辞めてしまい元の生活に戻ると、再び脂肪細胞が肥大化しリバウンドにつながります。
脂肪溶解注射は、脂肪細胞自体を溶解し壊死させて体外へ排出させるため、リバウンドが起きづらく、太りにくい体質にすることができます。

VFDI脂肪溶解注射に含まれる脂肪溶解成分と脂肪燃焼成分

VFDI脂肪溶解注射は、従来の脂肪溶解注射と比べて脂肪溶解成分が高濃度で配合されています。また、脂肪燃焼を助ける植物由来成分や有効成分が相乗効果をもたらし、より高い治療効果を可能にしました。

デオキシコール酸

デオキシコール酸

デオキシコール酸

デオキシコール酸は、アメリカのFDA(食品医薬品局)が「脂肪溶解作用がある」と認可を出している医薬成分です。脂肪細胞の膜を溶解させる高い効果を持っていて、直接脂肪細胞を壊死させて数を減少させることができます。

アーティチョーク

アーティチョーク

アーティチョーク

アーティチョークとは、和名をチョウセンアザミという、料理にも用いられる多年草です。脂肪燃焼作用で、代謝を上げて脂肪の燃焼を促進し、利尿作用・浄化作用で、溶解され壊死した脂肪細胞の体外への排出を助けてくれます。

カテキン

カテキン

カテキン

カテキンは、緑茶や紅茶などの茶葉に含まれる、抗酸化物質であるポリフェノールの一種としてよく知られています。カテキンの主な作用は、脂質代謝を高めることで脂肪燃焼量を増加させることができます。また、エイジングケアに重要な抗酸化力により、皮膚の老化を防いでくれます。

L-カルニチン

Lカルニチン

Lカルニチン

L-カルニチンとは、脂肪燃焼には欠かせないアミノ酸の一種です。脂肪を燃焼させ、エネルギーを生み出す役割を持つミトコンドリアの元に、脂肪を届けることができる唯一の物質です。つまり、L-カルニチンがなければ脂肪を燃焼させることができません。

コエンザイムQ10

コエンザイムQ10

コエンザイムQ10

L-カルニチンの働きをサポートし、相乗効果が期待できる成分がコエンザイムQ10です。L-カルニチンが運んできた脂肪を、ミトコンドリアが燃焼するときの効率を上げる作用があります。抗酸化作用もあり、肌や細胞の老化防止にもつながります。

VFDI脂肪溶解注射の治療部位

ダイエット注射の脂肪溶解成分には、アメリカのFDA(食品医薬品局)で、脂肪溶解作用の承認を得ているデオキシコール酸(DOC)と、認可までには至っていませんが、脂肪溶解作用があるとされる、フォスファチジルコリン(PPC)という医薬成分が基本的には用いられます。ただ、メソセラピーの中には、どちらの医薬成分も含まれず、植物由来成分(メディカルハーブ)を使用し、脂肪細胞は破壊せずに小さくするだけのダイエット注射もあります。
デオキシコール酸(DOC)とフォスファチジルコリン(PPC)は、濃度により効果と副作用が大きく変わり、濃度が濃いものは副作用の影響で、目元などに注射することができません。
VFDI脂肪溶解注射は、従来の脂肪溶解注射と比べてデオキシコール酸の濃度を高めながらも、副作用が起きにくい範囲で濃度を調整しているので、治療可能部位も多く、痩身効果を最大限に発揮することができます。

顔治療部位

顔治療部位

体前面治療部位

体前面治療部位

体背面、足治療部位

体背面、足治療部位

VFDI脂肪溶解注射の特徴まとめ

特徴.1

脂肪溶解成分であるデオキシコール酸が、従来品より濃い濃度で配合され、植物由来の脂肪燃焼成分が相乗効果を生み出し、より効果を高めてくれます。

特徴.2

VFDI脂肪溶解注射に含まれる植物由来成分や有効成分が、肌の引き締めや老化防止などの美肌効果を発揮します。

特徴.3

副作用が出づらい濃度で調合されていて、治療可能部位も多く腫れや痛みがほとんどないので、痩身効果を最大限に発揮できます。

特徴.4

切開をしない注射での治療なので、ダウンタイムもほぼなく、当日からのメイクも可能です。1回の治療でも効果が期待でき、即効性が高い小顔・部分痩せ治療です。

特徴.5

TCBでは、高品質な治療ながらも、全国的な価格調査を行い他のクリニックと比較して、低価格で提供しています。

VFDI脂肪溶解注射の注意点・リスクなど

施術時間
約5分~15分
麻酔
なし  ※オプションで笑気ガスや表面麻酔を追加できます。
通院
なし  ※1回の治療でも効果が期待できますが、施術箇所によっては3~5回ほど行うことで、より確実な効果を実感できます。
腫れ・内出血・ダウンタイム
ごく稀に、腫れや内出血が出る場合があります。
シャワー
当日から可能
入浴
当日から可能
その他の注意事項
運動は軽い運動であれば当日から、激しい運動は翌日から可能です。

よくあるご質問

どれくらいで効果がでますか?
治療後、早ければ3日程度で脂肪減少効果が現れます。
リバウンドはしませんか?
基本的にリバウンドはありません。偏った食生活や運動不足などの生活環境により、リバウンドする可能性はあります。
施術後は何もしなくていいですか?
リンパの流れを良くするために、治療翌日からの3日間は有酸素運動やマッサージを推奨します。
注射は1回だけで大丈夫ですか?
1回でも十分に効果を実感できますが、治療箇所や十分な結果を出すためには、複数回受けられた方がより効果を得ることができます。
この記事の監修医師
渋谷西口院 院長 | 河野 文 先生

VFDI脂肪溶解注射の料金表

来院前にLINE友達登録でお得に施術が受けられる!毎週お得なキャンペーン配信中

カテゴリー 施術名/価格(税込)
VFDI脂肪溶解注射
VFDI 原液 1ccあたり ¥2,980(税込)
10cc以上 マイクロカニューレ付き
VFDIパーフェクト 原液 初回 1cc ¥3,980(税込)
10cc以上 マイクロカニューレ付き
VFDIパーフェクト 原液 2回目以降1cc ¥4,980(税込)
10cc以上 マイクロカニューレ付き
VFDI セット ¥298,000(税込)
1パーツ×5回分(※1パーツあたり原液24cc)
VFDIパーフェクトセット ¥598,000(税込)
1パーツ×5回分(※1パーツあたり原液24cc)
VFDIプレミアム(GLP-1ダイエット付き) ¥698,000(税込)
1パーツ×5回分(※1パーツあたり原液24cc)

来院前にLINE友達登録でお得に施術が受けられる!毎週お得なキャンペーン配信中

匿名、顔出し選択可、事前審査ナシのDr.別モニター募集中! 匿名、顔出し選択可、事前審査ナシのDr.別モニター募集中!

TCBグループは全国54院、各地域・駅前、駅チカで完全個室

各地域・駅前、駅チカで完全個室イメージ画像 東京中央美容外科は【新宿三丁目】【新宿東口】【池袋東口】【池袋西口】【銀座有楽町】【銀座二丁目】【秋葉原】【渋谷西口】【渋谷東口】【中野】【世田谷】【高田馬場】【町田】【上野】【立川】【八王子】【品川】【横浜駅前】【横浜西口】【新横浜】【大宮】【宇都宮】【水戸】【川口】【千葉】【柏】【川越(7/21OPEN)】【高崎】【川崎】【札幌】【仙台】【福島】【郡山】【名古屋栄】【名古屋駅前】【浜松】【静岡】【梅田大阪駅前】【梅田茶屋町】【心斎橋御堂筋】【心斎橋筋】【京都駅前】【枚方】【江坂】【堺】【神戸】【姫路】【岡山】【広島】【福岡天神】【福岡博多】【小倉】【熊本】【鹿児島】の各地域で展開しており、仕事帰りでもご相談いただけるように、各最寄り駅の駅前・駅チカで開院しております。

TCBの施術内容は当院の医師より監修されております

多様なジャンルの専門医、医学博士が在籍し高いレベルの施術を提供しております

TCBでは高い技術を持つ経験豊富なドクターが在籍し、患者様の願いと理想の実現に全力を尽くしております。

日本形成外科学会 専門医・日本頭蓋顎顔面外科学会 専門医・日本美容外科学会(JSAPS)専門医・日本創傷外科学会 正会員・日本形成外科手術手技学会 会員・日本マイクロサージャリー学会 会員が在籍。

また、医学研究能力を持つ医学博士が在籍しており高度最先端医療、新薬開発に携わることで医療の進歩・向上に貢献しています。

TCBグループの所属ドクター達は美容外科医や医療の第一線で腕を磨いた外科医など高い技量を持ったドクターで常に高いレベルの施術を提供いたします。