ニキビ跡・クレーター治療(サブシジョン)

ニキビ跡・クレーター治療(サブシジョン)

※対象院:仙台院

ニキビクレーター治療・
サブシジョンとは

サブシジョンとは

サブシジョンとは、凹凸のあるニキビ跡(クレーター)を改善する治療方法です。

クレーターの原因はさまざまですが、皮膚の奥深くにできた線維が皮膚を引っ張ることで、肌表面に凹凸ができることがあります。サブシジョンでは、皮膚をくぼませている線維を医療用の針でほぐすことで肌のクレーターを改善します。
ニキビ跡は、赤みや色素沈着のあるもの、凹凸のあるもの(クレーター)に分けられますが、サブシジョンによって治療できるのは、クレーター型のニキビ跡です。

顔にニキビ跡(クレーター)があると、必要以上にお肌を気にしてしまい、気分が落ち込んでしまいがちです。しかし、サブシジョンで治療すれば、表面がでこぼことしていた肌が綺麗な肌に生まれ変わり、鏡を見るのが楽しみになります。今まで面倒だと思っていたスキンケアの時間が楽しい時間に変わるはずです。

サブシジョン(最新クレーター治療)はこんな方へオススメ

  • 顔面クレーター・凸凹肌に悩んでいる方
  • ニキビ跡(クレーター)を治したい方
  • セルフケアでは肌のでこぼこが改善されなかった方
  • エステサロンの施術・一般皮膚科の治療ではニキビ跡(クレーター)が改善されなかった方
  • フラクショナルレーザー・ダーマペン・ピーリングなどではクレーターが改善されなかった方

症例写真

Case1

  • BEFORE【サブシジョン】ニキビ跡 Case1_BEFORE
  • AFTER【サブシジョン】ニキビ跡 Case1_AFTER
医院名
新宿三丁目院
担当医
村田医院長

Case2

  • BEFORE【サブシジョン】ニキビ跡 Case2_BEFORE
  • AFTER【サブシジョン】ニキビ跡 Case2_AFTER
医院名
品川院
担当医
塩満医院長

消えない・治らないニキビ跡
(クレーター)の原因

ニキビ跡(クレーター)の原因

顔にニキビ跡(クレーター)ができるおもな原因は、ニキビをご自身で潰すことです。また、ひどく炎症を起こした赤ニキビを放置することも、肌にでこぼことしたクレーターができる原因になってしまいます。

ニキビは、睡眠不足・ストレス・乱れた食生活・誤ったスキンケアなど、さまざまな原因によってできてしまいます。
ニキビは放置すれば自然に治る場合が多いですが、ニキビがひどく炎症を起こしたり、ご自身で無理やりニキビを潰してしまったりすると、肌の深い部分(真皮層)にまで傷つき、ニキビ跡(クレーター)として肌に残ります。真皮層は表皮層のようにターンオーバーが行われないため、一度真皮が傷ついてクレーターができると、自然治癒することはほとんどありません。また、セルフケアでクレーターを治すこともほぼ不可能です。

サブシジョン治療でニキビ跡を消す
施術方法

サブシジョンのみでのクレーター改善

サブシジョンのみ

医療用の針を皮下に刺し、表皮と筋膜の癒着を剥がしていきます。
針を斜め横方向から挿入し、皮下で前後に動かしたり、ワイパーのように扇状に動かしたりすることで線維を切断します。線維が切断されることで、皮膚と筋膜が離れてニキビ跡が改善されます。

サブシジョン+ヒアルロン酸注入で
よりキレイにニキビ跡を完治

サブシジョン+ヒアルロン酸注入

最初にサブシジョンを行ったあと、治療部位にヒアルロン酸を注入します。ヒアルロン酸を注入することで、皮膚が持ち上がり、筋膜と再び癒着するのを防ぐ働きがあります。
脂肪萎縮型のニキビ跡(大きく陥没して、凹凸が脂肪層にまで及んでいるタイプのニキビ跡)を治療する場合、この方法が用いられます。

ヒアルロン酸注射の詳細

ニキビ跡(クレーター)の
種類と治療法

ニキビ跡は、赤みや色素沈着のあるもの、凹凸のあるもの(クレーター)に分けられ、サブシジョンによって治療できるのは、クレーター型のニキビ跡です。クレーター型のニキビ跡は、さらに大きく4種類に分けることができますが、サブシジョンが効果を発揮するものと、そうでないものがあります。

クレーター型のニキビ跡のそれぞれの特徴や、効果的な治療方法について見ていきましょう。

ニキビ跡・ローリング型

ローリング型

ローリング型のニキビ跡は、開口部が4mm以上のもので、緩やかにくぼんでいるのが特徴です。真皮が筋膜に癒着していて、皮膚が線維によって内側に引っ張られている状態です。
ローリング型は、サブシジョンが最も効果を発揮するタイプのニキビ跡です。
ニキビ跡(クレーター)は、ピコフラクショナルで治療することも多いですが、ピコフラクショナルは、皮膚に対して垂直方向に穴を開けるため、真皮と筋膜をつなげている線維をうまく断ち切れません。しかし、サブシジョンであれば、皮膚に対して斜め横方向から針を刺せるうえ、針の向きを変えられるので、効果的に線維を断ち切ることができます。

ニキビ跡・ボックス型

ボックス型

ボックス型のニキビ跡は、表面がほぼ直角にくぼみ、ニキビ跡の底面が平たくなっているものです。ボックス型は、浅い凹凸・深い凹凸に分けられますが、深い凹凸の場合、サブシジョンが効果を発揮します。
一方、浅い凹凸は、ピーリング・ピコフラクショナルなどで治療するのが有効です。

ブラックピールの詳細

ピコフラクショナルの詳細

ニキビ跡・アイスピック型

アイスピック型

アイスピック型のニキビ跡は、開口部が2mm以下のもので、真皮よりも深い部分までくぼんでいます。真皮の下に瘢痕(傷跡)ができてしまっており、サブシジョンで治すことが難しいタイプのニキビ跡です。

アイスピック型のニキビ跡の場合、ピコフラクショナルでの治療がおすすめです。ピコフラクショナルによって瘢痕を除去し、皮下の組織を再構築させることでクレーターが改善されます。

ピコフラクショナルの詳細

ニキビ跡・脂肪萎縮型

脂肪萎縮型

脂肪萎縮型のニキビ跡は、ニキビがひどく炎症を起こした後にできるもので、皮膚が大きく陥没しているのが特徴です。

ニキビが重症化してしまうと、表皮や真皮層だけでなく、皮下脂肪組織にまで炎症が及び、脂肪層(皮下組織)の一部が収縮して凹凸ができてしまいます。基本的には、サブシジョンで皮膚と脂肪組織の癒着を剥がし、その部分にヒアルロン酸を注入して凹凸を改善していきます。
しかし、脂肪萎縮型のニキビ跡は、アイスピック型・ローリング型・ボックス型と共存していることも多いため、サブシジョンと他の治療を併用する場合もあります。

サブシジョン(クレーター治療)の
施術の流れ

STEP1. カウンセリング・診察
カウンセリング・診断

最初に、カウンセリングで患者様のお悩み・ご希望をお伺いし、ニキビ跡(クレーター)の状態を確認いたします。不安や疑問がありましたら、些細なことでもお気軽に医師にお伝えください。
患者様の肌質・体質などによっては、別の治療方法をご提案する可能性がありますが、いずれの場合も、患者様に最適な治療方法をご提案します。

STEP2. 施術
施術

【サブシジョンのみの場合】

治療部位にサブシジョン用の針を刺し、皮膚を引っ張っている線維を切断します。針で線維を切断したら、止血圧迫して治療終了です。

【サブシジョン+ヒアルロン酸の場合】

治療部位にサブシジョン用の針を刺し、皮膚を引っ張っている線維を切断します。脂肪萎縮型のクレーターの場合は、治療部位にヒアルロン酸を注入して、皮膚と筋膜が癒着するのを防ぎます。最後に、止血圧迫して治療終了です。

サブシジョン(ニキビクレーター治療)の
施術詳細・注意事項・副作用・リスク

施術時間
5分(1箇所あたり)
通院
なし
  • ※1回で改善される場合もありますが、効果が出るまでの回数には個人差があります。
  • ※複数回治療を行う場合、3~4週間ほど間隔をあけて治療を行うのが一般的ですが、治療回数・治療間隔は、医師と治療効果を確認しながら決めていきます。
麻酔
局所麻酔
腫れ・内出血・ダウンタイム
内出血・赤み・腫れが起こる場合がありますが、1~2週間で症状が治まります。
赤み・腫れが起きた場合、治療当日は十分に治療部位を冷やすことで、早く症状が改善されます。
シャワー・洗顔・入浴
当日から可能
  • ※長時間の入浴はお控えください。
メイク
翌日から可能
副作用・リスク
内出血・腫れ・赤み・熱感・むくみ・痛み
注意事項
  • 当日の激しい運動・飲酒はお控えください。
  • 治療の跡が回復するまでは、入念に紫外線対策を行ってください。
  • 妊娠中、または妊娠の可能性がある方、真性ケロイド体質の方、抗凝固剤を服用している方は、治療をお受けいただけません。
  • 特異体質(アレルギー体質・リンパ体質など)の方、皮膚疾患のある方などは、治療をお受けいただけない可能性がございますので、医師にご相談ください。

よくある質問

何回でサブシジョンの治療効果を実感できますか?
サブシジョンの効果が出るまでの回数は、個人差があります。1回でクレーターが完治する場合もありますが、肌の状態によっては施術を数回受けていただく必要があります。
複数回治療を行う場合、3~4週間ほど間隔をあけて治療を行うのが一般的ですが、治療回数・治療間隔は、医師と治療効果を確認しながら決めていきます。
凹凸のあるニキビ跡であれば、どのようなものでも効果はありますか?
サブシジョンによる治療が適しているものと、そうでないものがあります。ローリング型・ボックス型(くぼみの深いもの)・脂肪萎縮型に、サブシジョンが効果を発揮します。
無料カウンセリングで、医師が患者様の肌を確認し、肌の状態に合わせて最適な治療方法をご提案します。
セルフケアでのニキビ跡(クレーター)の治し方を教えてください。
ニキビ跡(クレーター)は、一度できでしまうと自力で治すことは難しいです。「顔のでこぼこを治したい」「クレーター肌を治療して綺麗な肌を手に入れたい」という方は美容クリニックや皮膚科で治療を受けましょう。

ニキビ跡・クレーター治療(サブシジョン)の料金表

来院前にLINE友達登録でお得に施術が受けられる!毎週お得なキャンペーン配信中

カテゴリー 施術名/価格(税込)
ニキビ跡・クレーター治療(サブシジョン)
頬全面(片側) ¥150,000(税込)
頬1/2(片側) ¥100,000(税込)
頬1/3(片側) ¥50,000(税込)
ポイント(1㎝四方) ¥10,000(税込)
額全面 ¥150,000(税込)
¥50,000(税込)
対象院
仙台院

全身医療脱毛クイック

全身医療脱毛クイック

来院前にLINE友達登録でお得に施術が受けられる!毎週お得なキャンペーン配信中

TCBグループは全国54院、各地域・駅前、駅チカで完全個室

各地域・駅前、駅チカで完全個室 東京中央美容外科は【新宿三丁目】【新宿東口】【高田馬場】【池袋東口】【池袋西口】【銀座有楽町】【銀座二丁目】【秋葉原】【渋谷西口】【渋谷東口】【中野】【世田谷】【町田】【上野】【立川】【八王子】【品川】【横浜駅前】【横浜西口】【新横浜】【大宮】【宇都宮】【水戸】【川口】【千葉】【柏】【川越】【川崎】【高崎】【札幌】【仙台】【福島】【郡山】【名古屋栄】【名古屋駅前】【浜松】【静岡】【梅田大阪駅前】【梅田茶屋町】【心斎橋御堂筋】【心斎橋筋】【京都駅前】【枚方】【江坂】【堺】【神戸】【姫路】【岡山】【広島】【福岡天神】【福岡博多】【小倉】【熊本】【鹿児島】の各地域で展開しており、仕事帰りでもご相談いただけるように、各最寄り駅の駅前・駅チカで開院しております。

TCBの施術内容は当院の医師より監修されております

多様なジャンルの専門医、医学博士が在籍し高いレベルの施術を提供しております

TCBでは高い技術を持つ経験豊富なドクターが在籍し、患者様の願いと理想の実現に全力を尽くしております。

日本形成外科学会 専門医・日本頭蓋顎顔面外科学会 専門医・日本美容外科学会(JSAPS)専門医・日本創傷外科学会 正会員・日本形成外科手術手技学会 会員・日本マイクロサージャリー学会 会員が在籍。

また、医学研究能力を持つ医学博士が在籍しており高度最先端医療、新薬開発に携わることで医療の進歩・向上に貢献しています。

TCBグループの所属ドクター達は美容外科医や医療の第一線で腕を磨いた外科医など高い技量を持ったドクターで常に高いレベルの施術を提供いたします。