二重整形を失敗しないためにはどうしたら良いですか?

2021/03/17 公開

2022/05/12 更新

担当の医師とのコミュニケーションが大切です。カウンセリングで納得いくまで話し合いましょう。

二重整形の失敗とは

術後に受ける相談や不安として多いものに、「内出血が起きた」、「なかなか腫れが治まらない」、「手術から数日経過したけど左右差が目立つ」などがあります。しかし、二重整形にはダウンタイムがつきものです。メスを使用しない施術であっても、患者様の体質やまぶたの状態によって、腫れや出血が起こる場合があります。
ダウンタイム中に発生する、腫れ・内出血・左右差・二重ラインの乱れなどの症状は一時的なものであり、大抵の場合は時間の経過とともに症状も落ち着きます。ダウンタイムが終わっても症状が続く場合は、クリニックに相談することをおすすめします。
二重整形の失敗に明確な定義はありませんが、「患者様の希望と異なったデザインの二重が形成され、治すことが困難なケース」が二重整形の失敗といえるでしょう。

二重整形で失敗してしまう原因とは

二重整形で失敗してしまう原因は主に2つあります。

医師の技量不足

担当医師が正しい技術を身につけていない場合や、不適切な治療を行うクリニックだと、取り返しのつかない結果を招いてしまうかもしれません。そのため、ホームページなどで担当の医師が得意とする治療法や経歴について確認しておくと安心です。

医師と患者様との間の認識の差

ご自身の希望を医師にしっかり伝えていないと、求めていた結果と違う仕上がりになり、失敗したと感じてしまうかもしれせん。希望する二重幅やデザインによっては、蒙古ひだを切開するために「目頭切開」「まぶたの脂肪取り」など、他の治療が必要な場合があります。医師に仕上がりイメージをしっかり伝えることが、二重整形を成功させるためのカギとなります。

クリニック選びについて

カウンセリングの際に医師とどんな二重になりたいか納得いくまで話し合い、完成形のイメージをしっかり共有することが大切です。その際にメリットだけでなく、二重整形のリスクや副作用・ダウンタイムなどのデメリットについても聞いてみてください。回答をはぐらかしたり、うまく希望を汲み取ってくれない医師であれば、カウンセリングまでにとどめておき、他のクリニックを視野に入れても良いかもしれません。

また、前もってホームページやインスタグラムで、症例写真や希望している二重のデザインを得意とする医師を確認しておくこともポイントです。他にも、アフターケアや保証制度等のサービスが充実しているかどうかも、クリニックを選ぶうえで重要になります。

TCB東京中央美容外科のカウンセリングについて

TCB東京中央美容外科では無料カウンセリングで、患者様一人ひとりに合った治療メニューをご提案させていただきます。「二重シミュレーション」で仕上がりイメージを確認することもできますので、ぜひ一度ご来院ください。

無料カウンセリング

この質問に関連するTCBの施術

このQAを監修したドクター

安本 匠

TCBの「特別指導医」として活躍。
患者様の理想に近づけるための治療プランを複数提案し、術式や予算、リスクについてご納得いただいた上でお選びいただけるよう、丁寧な説明を心がけています。
日本外科学会認定専門医

経歴
2010年
山形大学医学部 卒業
2010年
山形大学医学部附属病院 循環器病センター
2011年
山形大学医学部附属病院 救命救急センター
2011年
日本海総合病院 外科
2012年
山形大学医学部附属病院 心臓血管外科
2013年
日本海総合病院 心臓血管外科 副医長
2014年
山形大学医学部附属病院 心臓血管外科 病院助教
2015年
東京中央美容外科
2016年
東京中央美容外科 福島院 院長
2017年
東京中央美容外科 仙台駅前院 院長
備考
ボトックスビスタ® 認定医
ジュビダームビスタ® 認定医
ジュビダームビスタ® バイクロス 認定医
日本美容外科学会(JSAS) 正会員
日本外科学会 専門医
日本脈管学会 専門医
下肢静脈瘤血管内焼灼術指導医

関連したご質問

  • Web予約をする
  • お電話・クリニック一覧
  • LINE相談・予約

電話予約受付時間:9:00~23:00
診療時間:
10:00~19:00(不定休)
※一部クリニックは異なります。
LINE相談・Web予約24時間受付中

公式SNS
Twitter
Youtube
LINE