まぶたが重く、まつげが埋もれてしまいます。まつげの生え際まで見える目になるにはどのような方法がありますか?

具体的にはなぜまぶたが重いのか診察させていただかないと適切なアドバイスを提案することが難しいのですが、その原因によりさまざまな方法があると思います。

①まぶたを開ける力が足りない場合
眼瞼下垂症状がある場合は、目を開ける力を外科的な治療で助けてあげる必要があります。その場合はまぶたに皮膚切開を入れて、眼瞼挙筋と瞼板を縫い付けることで目を開けやすくする「眼瞼挙筋前転術切開法」と、皮膚切開を行わずにまぶたの裏からアプローチ、眼瞼挙筋を糸をかけて縛ることで目を開けやすくする「埋没式挙筋前転法」があります。
いずれもメリットとデメリットがありますので、診察のうえ慎重に選択する必要があります。

②一重や重瞼幅の問題
二重を作ることによっても改善は可能です。二重を作る方法は埋没法と切開法があります。TCBでは患者様のニーズに応えるべく、各々の方法にも細かくプランをご用意しておりますので診察のうえで一緒に考えさせてください。

③老化や瞼のたるみが極端に強い場合
上まぶたの皮膚がなんらかの理由で余ったりたるんだりしていることにより、まぶたが重くなってしまったお悩みの場合は、たるんだ皮膚を切開切除する「上眼瞼除皺術」や、眉毛の下の皮膚の厚い部位を切除し、切開部位を縫い縮めることでまぶたの重さを解消する「眉下リフト」なども改善法の一つかと考えます。
これらの治療は切開法であり、リスクやダウンタイムもあるため慎重に検討させていただきます。

④極端な肥満が原因
肥満の程度次第では、まぶたに影響を与えることもなくはありません。極端な場合は内科疾患に伴う肥満でない限り、外科術よりもまずはダイエットを推奨いたします。TCBではダイエット法の提案も行っております。
また、まぶたのみの改善を強化したい場合は、「脂肪溶解注射」や「まぶたの脂肪取り」を加えてもいいかもわかりません。ただ、これだけで解決しない場合は①②③などを検討しましょう。

⑤まつげのボリューム
⑤だけで上記の悩みにはなりませんが、まつ毛の育毛剤は治療をサポートしてくれると思います。TCBでは外用のまつ毛育毛剤もご用意がございます。

いずれにしても原因や年齢、性別や予算また理想の仕上がりなどにより提案できる治療や施術は多岐に渡ります。一度ご相談いただければ幸いです。

このQAを監修したドクター

井上 陽介

身体の内側・外側から美にアプローチ。
親身なカウンセリングと丁寧な治療で、患者様のよりよい人生をサポートいたします。

関連したご質問

  • Web予約をする
  • お電話・クリニック一覧
  • LINE相談・予約

受付・診療時間 10:00~19:00(不定休)
※一部クリニックは異なります。
LINE相談・Web予約24時間受付中