50代のまぶたのたるみにおすすめの対処法を教えてください。

中高年の方のまぶたのたるみは皮膚の下垂や余剰、眼瞼挙筋腱膜の菲薄化、離開が原因となって起こる症状です。見た目には活気が薄れて暗い印象になりがちです。
対処法としては、パフォーマンスを追求するなら眉毛下皮膚切除が良い適応となります。

まぶたの皮膚の中でも厚い部分を切除するため、スッキリした目元になり、本来の二重を取り戻すことができるのが特徴です。
切開の傷跡も眉毛に隠れたところにできますので、術後の傷も気にならないのもメリットです。

さらに、元々まぶたが腫れぼったい場合には、筋肉の下にある脂肪、さらにその奥の眼窩脂肪も一部切除します。

このQAを監修したドクター

沖津 勇気

池袋東口院 医師

沖津 勇気

TCBの「技術認定医」として活躍。患者様の理想に近づけるための治療プランを複数提案し、術式や予算、リスクについてご納得いただいた上でお選びいただけるよう、丁寧な説明を心がけています。

関連したご質問

  • Web予約をする
  • お電話・クリニック一覧
  • LINE相談・予約

受付・診療時間 10:00~19:00(不定休)
※一部クリニックは異なります。
LINE相談・Web予約24時間受付中